« MORE 大野智スペシャルロングインタビュー | トップページ | 「MORE」 It[一途] 第38回 ドン・キホーテに爆笑 »

2011年12月24日 (土)

+act. 相葉雅紀 馳せる想い。

2012年1月号ですが、もうかなり前に発売された相葉ちゃん表紙のもの。
ずっと書こうと思って今に至るんですが、今日は相葉ちゃんの誕生日だし…と頑張りました!

今回、相葉ちゃんの“伝える”仕事に関するロングインタビュー、そして映画『日本列島いきものたちの物語』の遠藤プロデューサーとEテレドキュメンタリーの福井プロデューサーのインタビューなどが掲載されています。

顔が命のアイドルが顔の出ないナレーションの仕事で活躍するって、ふと考えるとかなり珍しいケースなのだろうなと思うのだけど、相葉ちゃんのナレーションはそんなこと一切忘れて番組に集中してしまう自分がいて、それは一つは相葉ちゃんの声が邪魔にならないから、もう一つは映像の中の人物の気持ちにそっと寄り添うことができているからだろうなと思います。
また声だけというナレーションの仕事は、コンサートやバラエティのハイテンションで天真爛漫なイメージとはかけ離れた世界ゆえに、相葉ちゃんの繊細な一面をより際立させているようにも思います。
それにしても相葉ちゃんの寄り添う気持ちの振り幅って広いですね。
子どもからお年寄り、そして動物(魚や亀も!)までですものね。
こういう相葉ちゃんの魅力を各プロデューサーも見抜いていて、それぞれ起用の理由をこんなふううに話してくれています。

福井プロデューサー
「子ども達の日常をちゃんと伝えるとなると、年配の大物俳優だと重くなり過ぎてしまうし、同世代の子役だと、語り手としてわかりづらい。その間を表現できる人って意外と少ないんです。大人であるようで子どもであるし、子どもであるようで大人である、というような。相葉さんは、そういう稀有なものを持った方という印象がありました」

遠藤プロデューサー
「この映画にとって大切なのはハートある言葉です。家族の絆や愛を、相葉さんならご自身の(いきものと関わってきた)体験談から、自分の言葉を紡ぎ出せる人だなと思いました。相葉さんの声って凄くハートがあるなぁと常々感じていましたし、」

またインタビュアーの米川さんは「その場を作ってくれている裏方の思いの全てを吸い上げた上で、表舞台に立とうとしてくれる人」と相葉ちゃんを表現しています。
やっぱり寄り添えるものの幅広さと細かさが違うんだなと思います。
相葉ちゃん自身も、番組や雑誌を作っているスタッフの「“みんなの思い”をっていうひとつのもので、呈示できればいいんじゃないかなって思っている」と言っています。
そういうところ、私もすごいなぁと思うのですが、反面、相葉ちゃんはすごく疲れるだろうなとも思います。
あらゆる立場のあらゆる人に感情移入していたら、いくらエネルギーがあっても足りないんじゃないかと思うんですけど…ああ、だからこそ自分が「楽しむ」ことにこだわるのかな。
そうすればエネルギーが循環するものね。

今年はね、入院があってやっぱり私も心配しましたけど、復帰後を様子に一回り大きくなったといか、逞しくなった印象を持ちました。
そんな相葉ちゃんの来年の活躍も楽しみにしています。

*付けたし
この記事を書いていて、昔書いた記事を思い出しました。
nicolaという中学生雑誌のもの。
相葉ちゃんはやはり寄り添う達人だと改めて思いました。
「nicola」の相葉ちゃんの記事はこちらです。

|

« MORE 大野智スペシャルロングインタビュー | トップページ | 「MORE」 It[一途] 第38回 ドン・キホーテに爆笑 »

相葉ちゃん・雑誌」カテゴリの記事

コメント

深夜遅くに失礼いたします。ご無沙汰しておりましたが、以前『大奥』でコメントさせていただいた者です。

今回明日でブログを閉められるとの事、コメントはしていなかったけど、毎日のようにのぞいていたので寂しく思っています。でも『夢』って素敵ですよね!

…最後にどこで感謝を伝えようか、と思っていて。私はニノがイチオシ、基本ゴコイチ、ただ相葉さんの魅力に気づくのが一番遅かったので、こちらの記事にさせていただきました。彼は、人柄が素晴らしいのですね。ピュアというのかな。
ニノとは違った意味で、惹かれます。

そして、以前の記事にあった『nicola』をア○ゾンさんで購入、今日届きました(中古でなんと1円!!でした、送料は250円…)
+actも良かったけど、こちらが彼の本質なのかな(基本変わってないような?)と中学生雑誌侮れん!と唸りましたよ。素敵な情報ありがとうございました。


なんだかダラダラ長くて、すみません。
まにまにさんの新しい記事が読めなくなるのは寂しいけど、以前の記事を読み返して、嵐さん達を見つめていきたい、と思っています。

ありがとうございましたo(^-^)o

投稿: ちょび | 2011年12月31日 (土) 03時49分

こんにちは。まにまにさんの文章が心地よかったし、読んでいると雑誌が欲しくなりますね。+アクト、ポチっとしました。ドル誌やTV誌では見かけない相葉さんの表情にやられて。(本屋で確かめ、ネットで購入。)
そしてとうとう最終日ですね。夢を追い求めるって素晴らしいです。月並みですが頑張ってください。私のメアドは変わっていませんので気が向いたら連絡くださいね。

投稿: よち | 2011年12月31日 (土) 16時22分

>ちょびさん

お久しぶりです。
nicola買ったのですね!しかも中古で1円!(笑)
相葉ちゃんはインタビューというかたちを取ると、相手に気を使ってか、とても受け身になっている印象がありますが(この+actも)、niclaみたいな相談などの形式だと彼の魅力が素直に出る気がしますね。

更新は終わってしまうのですが、よかったらたまに読みにきてください。
今まで毎日のように覗いていただき、どうもありがとうございました。

投稿: まにまに | 2011年12月31日 (土) 18時58分

>よちさん

こんばんは。
お久しぶりです。
+act、ぽちっとしてしまったんですね。
確かに写真もよかったですよね。
色っぽかったなぁ。

とうとう最終日になってしまいましたけど、今までありがとうございました。
メアドも了解です!

投稿: まにまに | 2011年12月31日 (土) 19時10分

こんにちは。
まにまにさんのブログにコメントを書く最後の記事に、これを選ばせてもらいました。

“寄り添う達人”というのに、もの凄く共感します!!
震災直後に流れ出したau CMの嵐5人のナレーションを聴いて、5人とも温かい声だと感じましたが、特に相葉ちゃんはいい声だなと感じました。
紅白で芦田愛菜ちゃんがコケた時、真っ先に一人「大丈夫?」と発した相葉ちゃん。常にアンテナを立てて、周りに気を配り過ぎて疲れないか心配するほどですが、そういう人なんですよね。相葉ちゃんって。

まにまにさんのブログがもう更新されないことに淋しく思っている一人です。まにまにさんのいくつものブログ記事が、私の“お気に入り”に保存してあります。それ位、まにまにさんのブログが大好きでした。
最後になりますが、素敵なブログをありがとうございました!!

投稿: りんご | 2012年1月 3日 (火) 15時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019875/43496857

この記事へのトラックバック一覧です: +act. 相葉雅紀 馳せる想い。:

« MORE 大野智スペシャルロングインタビュー | トップページ | 「MORE」 It[一途] 第38回 ドン・キホーテに爆笑 »