« 迷宮ラブソング | トップページ | 個人CMについて その2 »

2011年11月13日 (日)

+act.素描の行き先。大野智

2011年11月号ですね。
ほえ~やっとだよ。
難産でした。

これ、写真が話題になっていたのでしょうか。
よくは知らないけど、どこかでそんなふうなことを読んだ覚えがある気がします。
でもこの写真の大野くん、顔はかわいいけど、手足そのものが動物または怪物ちっくで、今にも変身しそうで、私見る度に驚いてドキッとしてしまうんですけど、それは怪物くんや妖怪人間の見過ぎかしら?

インタビューは大野くん・奈良さん・中村監督の3人にそれぞれしているのだけれども、まぁこれが愛に溢れたインタビューで、読んでいる私まで幸せになります。

中村監督は大野くんのことを「僕が好きな俳優像に全部当てはまる」とか、「表情のバリエーション、お芝居の幅、その役としての想像力……そういった部分は天才だと思います。天災は努力しなくなっちゃうけど、彼は“努力し続ける天才”というか」などととても評価してくれていますし、評価以前に、インタビューを読んでいて、監督が大野くんのことを好きだってことが伝わってきます。
「変わった人」と言われるであろうとわかっていながらも、あえて大野くんを「普通」と言い、そこを評価してくれているところが、中村監督の素敵なところだなと思います。
大野くんも中村監督との撮影を「本当に楽しかった」と言っていましたが、監督が話してくれた日替わりショートコントを読むと、これで楽しくないわけがない!と思いますし、あのおバカ4人組みと一緒になっておバカコントに加わる監督がいるってことにびっくりですけど(笑)、監督も怪物くん演じる大野くん同様、映画「怪物くん」に対して子供たちや被災地の方々に向けての思いを乗っけているようで、映画そのものも楽しみだなと思いました。

大野くんは絵に関して、今年は1月からの映画撮影中に水彩で子どもの怪物くんを、その後すぐ日本人の子供を描き始めたけど、亀梨くんに10年来頼まれていたものを仕上げ、また9月から日本人の子供の絵に取りかかり、今年中には完成させたいと話していました。
亀梨くんの粘り強さと押しの強さは嵐にはないものを持っているな~なんて、彼のことよく知らないのに思ってしまいまいましたが(苦笑)、今考えるとこの二人のやりとり自体が怪物くんからべムへの頑張れよっていう、エールを含めたバトンタッチだったのかなぁなんて思いました(これも何の根拠もなし!ですけど)。
それにしても震災の直前に描き始めた日本人の子供の絵のエピソードがなんだかドキッとさせられましたね。

「今描いている絵は、日本人の子供が侍のちょんまげをして、裸にふんどしで立っているの。それがかわいいなぁって頭に浮かんで、これを描こうと思って始めた。で、顔をちょっと描いたら震災があって。震災の前から自分が描こうと思っていたものと、震災の後の状況がリンクしちゃって……」
「日本が今、丸裸にされちゃったような気がして……でも、ふんばって立っているっていうこととか。その“裸で立ってる”絵のうしろに、希望の光みたいなものを描こうと思ってたから……だからこの絵は絶対今年中に描きたいんだよ」

なんかこういうことも、怪物くんを演じて子供の人気者になることと通じるものがあるように思います。

大野くんについて奈良さんはインタビューで親のような、教師のような、同士のような愛情を感じさせる答えをしてくれていますけど(今回のインタビューで奈良さんが「FREESTYLE」を何も知らずに普通に本屋さんでいいなと思って見ていたことにびっくりしました)、大野くんの作品から「“それをしなければ、生きていけない”ような」趣味とは違う「美大生スピリット」を感じ、「描くことを辞めることはできないだろうな」と思うと話していましたが、大野くん自身も絵を描くことを「ひとつのその時の証みたいな、記録みたいな」とか「闘いなのかなぁ」とか、絵を描いている時「俺、今輝いている!イケてる!って思える」とか言っていて、なんかたぶんそれって大野くんの魂みたいなものが生きているってことなのかなって気がします。
魂が感じたものを絵にして、記録するみたいな。
そういうのを奈良さんも感じていて、「それをしなければ生きていけない」みたいなことを感じるのではないかと思いました。
はー、大野くんのこと書くと、どうしてもスピリチュアル的になってしまうんですよね。
でもこれは大野くんがそういう人だからしょうがないんですよねー。
つまりは大野くんのせいなんですよねー(笑)

はー、やっと+act.やっと書けたけど、あとcutも書いておきたいのよねー。
映画公開に間に合うかしら…。

|

« 迷宮ラブソング | トップページ | 個人CMについて その2 »

大野くん・雑誌」カテゴリの記事

コメント

まにまにさん、はじめまして♪
1ヶ月ほど前からブログを拝見させていただいております。
歳は・・・ まにまにさんより更に上になります。(^^;)

最初に読んだのは最近の記事だったのですが、まにまにさんの文章に引き込まれ
2008年の最初の記事から順に読み始め、やっと最新の記事まで追いついたところです。(^^)
ずっと躊躇していたのですが、黒猫さんの記事がアップされたので勇気をもって
コメントしてみました。(笑)

もともと歌番組はよく見ていたほうなのでデビューの頃から嵐の存在は知っていたんですが、
にのちゃんのドラマを見る程度だったんです。
それがいきなり大野くんに落ちてしまいまして、いま考えてもイマイチ理由がわからないのですが、
たぶん歌声がキッカケで『いいな♪』と思い、ダンスで心を掴まれ、お芝居やドラマを見たときには
もう抜けられなくなってました。(笑)
今ではドップリ嵐の5人にハマっていますが、身近に話ができるほどのファンも居ないので
これからも、まにまにさんのブログを楽しみにしています♪

投稿: shoko | 2011年11月17日 (木) 17時39分

>shokoさん

はじめまして。
2008年から遡ってお読みいただいたなんて!
大変だったでしょう。ありがとうございます。

大野くんの歌声いいですよね。
今回の迷宮ラブソングのソロも素敵です。
もうすぐ怪物くんの映画公開ですし楽しみですね。

またよろしければお寄りくださいませ。

投稿: まにまに | 2011年11月17日 (木) 21時54分

まにまにさんお久しぶりです。ブログは今までもずっと読ませて戴いてました。
+actいつか書いてくださらないかと待ってました。私は書店で見つけて即買いしました。写真の大野くんが何とも言えずいい表情で、独りニヤニヤしながら見ていました。
インタビューは特に奈良さんのが印象的でした。感性が似ているのかな?同志という感じがしました。
大野くんは新春ドラマに決まってますね。タイトルからしてコメディーっぽいけど、とても楽しみです。
とりとめもなくコメント書いてしまってごめんなさい。これからもブログ楽しみにしています。

投稿: hana | 2011年11月21日 (月) 13時53分

>hanaさん

お久しぶりです。
ずっとお読みいただきありがとうございます。

大野くんの写真は大好評だったようで、よかったですね。
奈良さんのインタビュー、私もぐっとくるものがありました。
新春ドラマも楽しみですね。
コメディーだったら大野くんはばっちりじゃないでしょうか。

投稿: まにまに | 2011年11月21日 (月) 19時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019875/42541641

この記事へのトラックバック一覧です: +act.素描の行き先。大野智:

« 迷宮ラブソング | トップページ | 個人CMについて その2 »